鳴谷山 聖宝寺

  • 聖宝寺
  • 御本尊 十一面千手観音菩薩
  • 鏡池
  • 鳴谷滝
  • 秋の聖宝寺
  • 御朱印

【2020年はもみじ祭り中止】

鳴谷山聖宝寺(めいこくさんしょうぼうじ)は、ご本尊に十一面千手観音菩薩を安置する、臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の禅寺です。
平安初期、大同二年に天台宗の開祖・伝教大師最澄大和上(でんぎょうだいしさいちょうだいわじょう)によって開かれた寺です。七堂伽藍を有する広大な境内には、多くの修行僧が居り、日々修行に励んでおりました。そんな中、戦国の動乱期には、僧兵を持つようになりました。
 歴史の流れに、この寺も巻き込まれていきます。元亀(げんき)・天正(てんしょう)の戦国時代に、織田信長の家臣・滝川一益(たきがわかずまさ)によって員弁攻略の軍勢がこの地の豪族を討ち、郡内の主立った寺院を焼き討ちしていきました。聖宝寺も、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の流れを持つ寺でありますので、徹底した焼き討ちをうけ、伝教大師以来の伝灯(でんとう)七百年の歴史を閉じることとなりました。時に天正(てんしょう)八年二月のことでありました。
 その後徳川中期、万治元年に鼎(かなえ)の龍雲寺(りょううんじ)の和尚が奮闘し、桑名で坐禅会を開いておられた大圓宝鑑愚堂禅師(だいえんほうかんぐどうぜんじ)にお願いし、因縁開山(いんねんかいさん)になって頂き、再興しました。そして、現在に至っております。
 当寺院の庭園は、藤原期の造庭と推測され、庭園の大部分は造庭当時そのままで保存されております。また、池には回遊式と築山式があり、回遊式の大きい池は別名浄土池と呼ばれ、浄土の世界を表しています。
 朱印は、ご本尊様の十一面千手観音を表しております。シンプルなものです。
住所
〒5110518 いなべ市藤原町坂本981
電話番号
0594-46-8101
公式URL
http://www.shoubouji.com/
料金
公共交通機関でのアクセス
近鉄名古屋線「富田駅」で乗換え、三岐鉄道三岐線西藤原行き55分「西藤原駅」下車徒歩30分
車でのアクセス
・東海環状自動車道 大安I,Cから約20分
・東名阪自動車道 桑名I.Cから約40分
・名神高速道路 関ヶ原I.Cから約30分
駐車場
普通車約20台。大型自動車も可能。(利用料300円)

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 万葉の里公園
    いなべ市

    万葉の里公園は植物×「和歌」♪ 金井神社とともに日本の風情を感じる旅に出かけました!

    いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」は、現存する日本最古の和歌集「万葉集」にちなんだ約140種類もの植物が和歌とともに楽しめる公園。6月には、約3,000株のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花に癒されます! 近くにある金井神社は、幻想...

    2020.06.22

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_632.html
  • いなべ市

    「にぎわいの森」で“食”を通じたまちづくり 人気のグルメを味わえる4つの店舗がいなべに集結!

    令和元年5月にオープンしたいなべ市の新庁舎と、そのすぐ隣にある「にぎわいの森」。三重県外から人気店を率いる食の達人たちを呼び寄せると同時に、各店舗のオーナーが地元住民と手を携えて地産地消はもちろん、農と食の価値を高めていくなどさ...

    2020.02.27

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_603.html
  • 自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記:いなべ編
    いなべ市

    【美し国・三重 自転車道中記:いなべ編】TOJの舞台も含む起伏に富んだコースでグルメと観光を満喫!

    三重県最北端のいなべ市は、西に鈴鹿山脈と北に養老山地を望む自然豊かなところ。自転車ロードレースのツアー・オブ・ジャパンいなべステージの舞台でもあり、町を挙げてサイクリストをもてなそうという機運があるサイクリストに優しい町です。 ...

    2019.04.04

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_492.html