湯の山「素粋居」

  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」
  • 湯の山「素粋居」

アートと癒しの専用露天風呂付極上ヴィラ

土、石、漆喰、木、漆、和紙、硝子、鉄
8つの素材をテーマにした12のヴィラを持つ美術館のような宿・素粋居

素のままで美しいほんものの素材を1棟ごとに選び、時とともに味わいの増す12棟のヴィラをつくりました。現代美術・工芸・古美術・アンティークをしつらえた空間は、 とびきり居心地が良い美術館のよう。次はあのヴィラで素材とアートに触れたい。
そんな滞在の楽しみが広がります。

「そば切り石垣」は完全自家製粉の手打ち蕎麦を広めた「翁達磨」の系列で、ミシュラン1つ星の「なにわ翁」で研鑽を積んだ石垣雄介氏が開業した「そば切り石垣」。翁伝統の完全自家製粉による二八蕎麦を踏襲し、蕎麦と酒をシンプルに楽しむ店を実現しました。

また、施設内には3店舗の厳選素材を使った美食レストランも。
「うなぎ四代目菊川」は鰻料理専門店「四代目 菊川」は、良質のうなぎ一本丸ごとを蒲焼にした「一本うなぎ」で知られます。大きさも太さも極上の鰻を厳選し、皮をパリッと焼き上げても身質がフワッとやわらかい、贅沢な食感を実現。

「HINOMORI」は薪や炭などの直火を使った料理を提供します。炎が消えて熾火になる瞬間の上品な香りを海産物にまとわせたり、熟成させた上質な牛肉を塊でじっくりとローストしたり。炎が生み出す味わいの繊細さと豪快さをコースでお楽しみください。料理監修は、フランスで活躍するシェフ・手島竜司。探究心旺盛なシェフの創意が、この土地の食材に新たな光を当てます。

この投稿をInstagramで見る

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の著者で絶景プロデューサーの詩歩さん @shih0107 がこの夏にオープンした「素粋居(そすいきょ)」に来られましたのでご紹介します . #Repost @shih0107 with @make_repost ・・・ 部屋の中に巨大な石!?  これは実は三重県にこの夏OPENした宿「素粋居」の一部屋。   全12室すべて「離れ」で完全に独立してて、全ての部屋に露天温泉つき! しかも部屋の目の前に駐車もできて他のお客さんと会うことがないから、今のご時世にぴったりなお宿です。  12部屋それぞれが「漆」「鉄」「木」「石」などのテーマに沿った個性的なデザインになっていて、私が選んだ部屋は「石砬(せきろう)」。  私昔から「石」をみると落ち着くんですが、共感できる人いませんかね・・・笑 ”雨垂れ石を穿つ”というけど、石のフォルムって雨や川の流れによって数万年の歴史でゆっくり削られているから、唯一無二の形状なんだよね…歴史好きにはたまらない……  そんな私にとっては落ち着く「石」がリビングの真ん中にドドン!とあるのは大迫力! さらに洗面所やベッド横にも石が配置されています。  公式サイトからはお部屋ごとの予約状況も見れるので、気になる方はぜひCheckしてみてくださいね  A giant stone in the room! This is actually one of the rooms at Sosuikyo hotel, an inn that opened this summer in Mie, Japan.  All 12 rooms are completely independent, and all of them have an open-air hot spring! Moreover, you can park right in front of your room so you don't have to meet other guests, making it a perfect place for the current times.   Each of the 12 rooms has a unique design based on a theme such as "lacquer," "iron," "wood," or "stone," and the room I chose was called "Sekirou" (stone). I've always felt comfortable when I see stones, but can anyone else relate to this? LOL! It's called "piercing the dripping stone", but the form of the stone has been slowly chipped away by rain and river currents over tens of thousands of years, so it's a unique shape... a must for history buffs... ... That's the kind of "stone" that soothes me, right in the middle of the living room with a bang! And that's a lot of pressure! In addition, there are stones placed in the washroom and next to the bed.  You can also see the reservation status for each room on the official website .   今回は素粋居さんのご招待で取材しました。 @yunoyama_sosuikyo  旅行を検討中の方へ 政府や自治体が発表している新型コロナウイルスの最新情報を確認しましょう! #withコロナ旅行 での感染対策についてはyoutubeに動画をあげています   素粋居(そすいきょ)/三重県菰野町 Sosuikyo hotel/Mie Japan #shiho_mie #shiho_hotel    ©Shiho/詩歩

【公式】観光三重(三重県観光連盟)(@kankomie)がシェアした投稿 -

住所
〒510-1233 三重郡菰野町菰野4842-1
電話番号
059-390-0068(059-390-0068)
公式URL
https://sosuikyo.com/
営業時間
「そば切り石垣」
 営業時間 10:00 ~ 16:00 (L.O 15:30)

「うなぎ四代目菊川」
 営業時間 11:00 ~ 15:00 (L.O 14:00)
      17:00 ~ 22:00 (L.O 21:00)

「HINOMORI」
 営業時間 18:30 ~
休業日
「そば切り石垣」定休日 水曜日・第2、第4木曜日
「うなぎ四代目菊川」 無休
「HINOMORI」 無休
料金
ご宿泊 2名一室
素泊まり45,000円
一泊朝食付き49,000円
一泊二食付き57,000円~
レストラン
「そば切り石垣」ざるそば900円~
「うなぎ四代目菊川」一本重4,950円~
「HINOMORI」 Matsusakaコース / 25,000円
公共交通機関でのアクセス
名古屋方面から近鉄名古屋線に乗車、近鉄四日市駅で近鉄湯の山線に乗り換えていただき、終点湯の山温泉駅で降りてください。ご宿泊のお客様は、ご予約時に駅までお迎えの時間をお伺いします。レストランをご利用になるお客様は、タクシーをご利用になるか、徒歩でお越しください。
車でのアクセス
お車の場合、新名神高速道路、菰野ICを下車して約6分。国道477号線を湯の山方面へ向かってください。
駐車場
50台

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 菰野町 近鉄足湯列車つどい
    菰野町

    観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

    【2020年の足湯列車の運行は、取り止めとなりました。(2020.3.3)】 近畿日本鉄道の観光列車「つどい」が、2020年3月までの土日祝日を中心に、近鉄名古屋駅~湯の山温泉駅の間を走ります(近鉄四日市駅からでも乗降可能)。 この列車の特徴は...

    2019.12.27

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_583.html
  • ナガシマスパーランド
    桑名市、菰野町

    絶叫遊園地やお買い物、その後は大自然をゆったり満喫!アクティブな人にもオススメな北勢よくばりコース!

    国内最大級の遊園地「ナガシマスパーランド」とアウトレットモール「ジャズドリーム長島」でお買い物を楽しむ欲張りなコース!1日目を思いっきり楽しんだら、大自然が広がる天然温泉でゆっくりリラックス♪「答えてラッキー!スマホでみえ得キャ...

    2019.11.07

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_569.html
  • こもガク
    菰野町

    こものを知って、こものを学ぶ。「こもガク」で菰野のものづくりから食まで様々な産業を体験!

    御在所岳のふもとの菰野町。豊かな水と肥沃な大地に育まれ、 農・商・工・観が息づいたこの町は人口が4万人を超えました。高速道路が整備され、4万人分の想いを抱えてこの町は大きく変化しようとしています。 “ほんとうのこもの”を知る人を増...

    2019.09.03

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_552.html