たかおかふぁーむ

2014年12月に鈴鹿市北部に誕生しました!

★当園では50分食べ放題になります。

★品種は章姫(あきひめ)です。

★営業時間は9:00~17:00(最終受付は16:00)。
  1月~3月は夜のいちご狩りを実施しています。
  夜のいちご狩りは18:00~20:00(最終受付は19:00)。
  4、5月はトワイライトいちご狩りを実施しています。
  トワイライトいちご狩りは18:00~20:00(最終受付は19:00)。

★平日・休日・祝日・GW・夜のいちご狩り、トワイライトいちご狩りは完全予約制です。
  全日予約制になります。当日予約も可能です。


ご予約・お問い合わせの番号
 080-2652-5400


ご予約における注意点です。
※予約の受付時間は9:00~18:00です。左記以外の時間では受付できません。
  また、定休日(月曜日、火曜日不定休)は予約の受付をしておりませんので注意してください。
※夜のいちご狩り、トワイライトいちご狩りの当日予約は15:00までとなります。
※非通知による電話はお受けできませんので、通知にしておかけください。
※接客中等で電話にでられないことがあります。ご了承ください。
住所
〒513-0014 鈴鹿市高岡町2782
電話番号
080-2652-5400(9:00~18:00)(たかおかふぁーむ)
公式URL
http://www.mecha.ne.jp/~takaokaf/
営業時間
★営業時間は9:00~17:00(最終受付は16:00)。
  1月~3月は夜のいちご狩りを実施しています。
  夜のいちご狩りは18:00~20:00(最終受付は19:00)。
  4、5月はトワイライトいちご狩りを実施しています。
  トワイライトいちご狩りは18:00~20:00(最終受付は19:00)。
休業日
月曜日・火曜日(祝祭日の場合は営業)
火曜日に営業する場合もありますので、
詳細はたかおかふぁーむHPでご確認ください。
料金
開園日~3月末日 大人2,000円 小人1,700円 幼児1,000円

4月1日~5月11日 大人1,700円 小人1,500円 幼児1,000円

5月12日~閉園日  大人1,200円 小人900円 幼児600円

※大人は中学生以上、小人は小学生、 幼児は2歳以上となります
※夜のいちご狩りは上記料金+おひとり様100円UPになります
※トワイライトいちご狩り100円UPなし
公共交通機関でのアクセス
JR関西線川原田駅より徒歩30分
駐車場
あり

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」
    鈴鹿市

    新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」をご紹介します!旅の休憩に、鈴鹿の魅力が詰まったPAに立ち寄ってみてください!新しいマシンでお出迎え!

    3月に2周年を迎える新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」はグルメあり!車両展示あり!おもしろトイレあり!ドッグランあり! SUPER GT マシンに入替しました! ショッピングコーナーやフードコートで大満足☆ 鈴鹿みやげもあります。旅の休憩...

    2021.01.25

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_667.html
  • 千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」の 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】
    鈴鹿市

    伊勢型紙は千年以上の歴史を誇る伝統工芸品!本場の鈴鹿市白子へ取材しに行きました♪

    日本が世界に誇る文化、「着物」。 繊細さを極めたこの文化の影の功労者が「伊勢型紙」です。 伊勢型紙で染めた着物は国を越え、時代を超えて、今なお多くの人に愛され続けています。 今日は、そんな伊勢型紙の魅力に触れるべく日本一の伊...

    2020.07.02

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_648.html
  • 鈴鹿の鉄板焼き「浪花でおます」
    鈴鹿市

    浪花でおますで“鈴鹿発”お好み焼きを味わう!熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き♪

    鈴鹿市で行列のできる店の一つに数えられる「浪花でおます」。お好み焼き、焼きそばをはじめとする各種の鉄板焼きを楽しむことができます。関西地方が本場とのイメージが強い「粉モノ」をメインに開業して35年余り。今ではすっかり地元に愛され...

    2019.12.09

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_576.html