研究栽培農園 鈴鹿の森庭園(赤塚植物園)

  • 鈴鹿の森庭園
  • 鈴鹿の森庭園
  • 鈴鹿の森庭園
  • 鈴鹿の森庭園
  • 鈴鹿の森庭園
  • 鈴鹿の森庭園

鈴鹿山麓に抱かれた「しだれ梅」の名木が勢揃い

赤塚植物園が運営するしだれ梅の研究栽培農園で、毎年2月下旬から3月下旬にかけて一般公開されています。

「呉服(くれは)しだれ)」を中心に、しだれ梅の仕立て技術の存続や普及を目的に、長年にわたって日本各地から約200本の梅の名木が集められています。

樹齢推定100年以上の日本最古と思われる「天の龍」など見事な梅の名木は見応えがあります。呉服しだれのほか、八重寒梅、藤牡丹しだれ、鹿児島紅、紅白の花が咲く「思いのまま」など多数の品種を楽しめます。

鈴鹿山脈を背景に名木が立ち並ぶ姿は圧巻で、開花期間中は夜間ライトアップも開催されています。

開園期間や料金等の詳細については、公式ホームページをご覧ください。
↓↓
【鈴鹿の森庭園 公式ホームページ】


--------------
★お花の開花状況は、
赤塚植物園 公式ツイッター公式インスタグラムでもご案内しています。
住所
〒519-0315 鈴鹿市山本町151-2
電話番号
059-371-1777(鈴鹿の森庭園)
公式URL
https://www.akatsuka.gr.jp/group/suzuka/
営業時間
毎年2月下旬~3月下旬
8:00~16:00(2021年)
※ライトアップ期間中は20:00まで延長営業 。
(2021年のライトアップ終了時刻は20:30とご案内いたしておりましたが、感染症の状況を考慮し、20:00に変更させていただきます。)
※開花状況や天候、新型コロナウイルスの影響により、予期せず変更する場合がございます。
休業日
期間中は、無休で営業いたします。
料金
700円~1,700円(2021年)
※開花状況により入園料が変動します。
公共交通機関でのアクセス
菰野(こもの)駅 近鉄湯の山線 梅園まで約9.8km(車で約17分)
四日市駅 近鉄名古屋線 梅園まで約16.5km(車で約30分)
四日市駅 JR関西線 梅園まで約17.1km(車で約30分)
平田町(ひらたちょう)駅 近鉄鈴鹿線 梅園まで約11.6km(車で約21分)
加佐登(かさど)駅 JR関西線 梅園まで約9.1km(車で約15分)
※駅からタクシーで来られる際は、事前に配車予約されることをおすすめします。
車でのアクセス
鈴鹿ICから約3km(車で約5分)
 椿一宮交差点から椿大神社方面へ約500m
新名神 鈴鹿PAスマートICより約3km(車で約5分)
駐車場
無料駐車場
・普通乗用車約200台
・バス駐車場有

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」
    鈴鹿市

    新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」をご紹介します!旅の休憩に、鈴鹿の魅力が詰まったPAに立ち寄ってみてください!新しいマシンでお出迎え!

    3月に2周年を迎える新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」はグルメあり!車両展示あり!おもしろトイレあり!ドッグランあり! SUPER GT マシンに入替しました! ショッピングコーナーやフードコートで大満足☆ 鈴鹿みやげもあります。旅の休憩...

    2021.01.25

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_667.html
  • 千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」の 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】
    鈴鹿市

    伊勢型紙は千年以上の歴史を誇る伝統工芸品!本場の鈴鹿市白子へ取材しに行きました♪

    日本が世界に誇る文化、「着物」。 繊細さを極めたこの文化の影の功労者が「伊勢型紙」です。 伊勢型紙で染めた着物は国を越え、時代を超えて、今なお多くの人に愛され続けています。 今日は、そんな伊勢型紙の魅力に触れるべく日本一の伊...

    2020.07.02

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_648.html
  • 鈴鹿の鉄板焼き「浪花でおます」
    鈴鹿市

    浪花でおますで“鈴鹿発”お好み焼きを味わう!熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き♪

    鈴鹿市で行列のできる店の一つに数えられる「浪花でおます」。お好み焼き、焼きそばをはじめとする各種の鉄板焼きを楽しむことができます。関西地方が本場とのイメージが強い「粉モノ」をメインに開業して35年余り。今ではすっかり地元に愛され...

    2019.12.09

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_576.html