菰野町の夏を最高に楽しむモデルコース♪ 人気スポットを巡ってみました!

2018年7月にリニューアルオープンした「御在所ロープウエイ」で初夏の絶景を満喫して、美肌の湯として知られる「湯の山温泉」でまったり。人気のスイーツも堪能して、おみやげもゲット!心身共に癒される大満足の旅のレポートをご覧ください♪ 菰野町

御在所ロープウエイ
初夏の風がさわやかな朝、1泊2日の旅は、「道の駅菰野」からスタート。
どんな旅になるか楽しみです。
御在所ロープウエイ
施設内に入ると、観光情報を知ることができるのはもちろん、この町でつくられている焼き物「菰野ばんこ」、菰野町ならではの商品がずらりと並んでいます。
御在所ロープウエイ
この町の特産品、真菰(まこも)の茎の部分の「マコモタケ」。
沼や川に群生に、草丈が2mにもなるイネ科の多年草で、多くの栄養素があることでも知られる食材です。この「マコモタケ」を使った商品が道の駅にもたくさん売られています。

事務長・森脇さんおすすめの商品「湯の花せんべい」。
サクサクした軽い食感とほどよい甘さが人気の理由。2018年は「湯の山温泉 開湯1300年」ということで、今しか買えない「金のパッケージ」を購入(2019年3月まで販売)。

御在所ロープウエイ
もう一つ購入したのは、ポケットサイズの観光ガイドブック「菰野本」。
100円という安さにもかかわらず、菰野町のさまざまな情報が掲載されていて、充実の内容。おしゃれな表紙で、旅のいい記念になりそうです!

次は、旅のメイン「御在所ロープウエイ」に向かいます。

「道の駅菰野」の詳しい取材レポートはこちら!

【道の駅菰野(2F・菰野町観光協会)】
住所 三重郡菰野町菰野2256
電話番号 道の駅菰野 059-394-0116、菰野町観光協会 059-394-0050
公式URL  http://www.kanko-komono.com
営業時間 9:00〜18:00(11月〜3月は17:00まで)※菰野町観光協会は通年20:00まで
休業日 12/29〜1/3
アクセス 東名阪自動車道「四日市」ICより約15分
御在所ロープウエイ
「道の駅菰野」から車で約15分、「御在所ロープウエイ」湯の山温泉駅に到着です。
改修工事を経て平成30年7月にリニューアルオープンし、新型のゴンドラが導入されました!

どんな眺めを楽しめるか、ドキドキ!
御在所ロープウエイ
と、その前にちょっと寄り道。
なんと!湯の山温泉駅横にアウトドア総合メーカー「モンベル」のショップがオープンしました!レジャーを快適にサポートするアイテムが400種類も取り揃えられています。
明るい店内でお買い物をして、いざ、ロープウエイで山頂を目指します。
御在所ロープウエイ
長さ2.1km、約15分間の「空中さんぽ」の眺めはまさに絶景!
新たに導入されたゴンドラは、これまでのゴンドラより窓が大きく、御在所の絶景を今まで以上に楽しむ事ができます。床にも展望窓がついているため、床下を望むこともできますよ♪

「もっと乗っていたい」と思うほど、あっという間の時間です。
御在所ロープウエイ
「御在所ロープウエイ」のハイライトは、日本一の高さを誇る「6号鉄塔」(61m)。
険しい山肌に建ち、大自然に映える白い支柱は一見の価値あり!
御在所ロープウエイ
ロープウエイを降りると、次は山頂ならではの楽しみが待っています。
山上公園駅から乗れる「観光リフト」を使えば、広ーい山上公園を見渡すことできます。空気が澄んでいて、気持ちいい!
御在所ロープウエイ
頂上近くにある展望台「望湖台」からの眺め。
滋賀県の琵琶湖まで約30kmも離れていますが、良い天気の日はその名の通り琵琶湖を「望む」ことができるんです。
標高1,212mの基準となる場所はこことのこと。
御在所ロープウエイ
もう一つのおすすめスポットは、「富士見岩展望台」。
こちらは、運が良ければ、富士山を望めることからその名がつき、石の上から見る景色は足がすくんでしまうほど大迫力です!
御在所ロープウエイ
平成30年7月のリニューアルで新しくオープンした展望レストラン「ナチュール」にも行ってみました♪

山上公園駅に隣接していて、ガラス張りの店内からは、雄大な景色を望むことができます。こんな景色を見ながら食事を楽しむ事ができるなんて贅沢!
思う存分絶景を満喫して、次の目的地に向かいます。


【御在所ロープウエイ】
住所 三重郡菰野町湯の山温泉
電話番号 059-392-2261
公式URL http://www.gozaisho.co.jp
営業時間 9:00~17:00
休業日 不定休
  ※2018年12月に2週間ほど工事運休あり。
 ※通常営業日についても、強風・雷等の悪天候により急遽運転を中止することがあります。
料金 〈ロープウエイ往復〉大人(中学生以上)2,400円、小人(4歳〜小学生)1,200円
アクセス 東名阪「四日市」ICより約25分
御在所ロープウエイ
「御在所ロープウエイ」から車で約3分のところにある「鹿の湯ホテル」が今日のお宿。今から1300年前、鹿が傷を癒したという伝説から「鹿の湯」ともいわれる「湯の山温泉」。
温泉だけでなく、お部屋も料理も楽しみです!
御在所ロープウエイ
ラグジュアリーな雰囲気で、広々としたロビー。ここにいるだけでも幸せな気分になります。
御在所ロープウエイ
お部屋に到着。地元の特産品「マコモ」が壁に塗り込んである、「真菰野」という名のユニークなお部屋。
目の前には、鈴鹿連山の美しい山並みと渓谷が広がっていて、その景色は最高!
御在所ロープウエイ
ひと休みしたところで、楽しみの温泉へ。
泉質には美肌効果があり、「美人の湯」としても知られる「湯の山温泉」。大自然に囲まれた露天風呂で過ごす、ゆったりとした時間。心も体も癒されました。
また、日帰り温泉も人気で、入浴とお食事のセットプランもあるとのこと。
御在所ロープウエイ
お風呂から出ると、いよいよお食事タイム。
鹿の湯ホテルの料理のコンセプトは「健康美食」。地元の食材を使ったヘルシーな料理は、若い女性から年配の方まで好評です。

贅沢すぎる品々に大満足でした!
御在所ロープウエイ
【鹿の湯ホテル】
住所 三重郡菰野町菰野8520-1
電話番号 059-392-3141
公式URL http://www.sikanoyu.co.jp
営業時間 〈日帰り入浴〉11:00〜15:00
料金 〈日帰り入浴〉1,000円、貸切風呂50分2,000円(入浴料別)
アクセス 東名阪自動車道「四日市」ICより約20分
御在所ロープウエイ
旅の2日目、最初に訪れたのは、「食と癒し」がテーマの複合温泉リゾート施設「アクアイグニス」。
大人気のスイーツが気になりますが、まずは、源泉100%かけ流しの「片岡温泉」へ。
御在所ロープウエイ
ロビーは開放的な空間。おしゃれな照明にも惹かれます。
温泉はどうなっているのか、期待値はマックスに!
御在所ロープウエイ
いよいよ、温泉へ。竹林が目の前に広がる内風呂。
これはアートですね。かすかに硫黄の香りが漂うほどよいヌメリのある柔らかなお湯で、お肌もスベスベに。
御在所ロープウエイ
竹林に囲まれた露天風呂も人気。お風呂から上がっても、長い間体はポカポカ。
昨日に続いて、またまた温泉で癒されました。
御在所ロープウエイ
次は、世界的に有名な辻口博啓シェフが手がけるお店「コンフィチュール アッシュ」に行きました。
店内には、ケーキはもちろん、焼き菓子やジャムなど、スイーツ好きにはたまらない商品がいっぱい!
御在所ロープウエイ
ケーキのバリエーションの豊富さは目移りしてしまうほど。
どれもおいしそうで、なかなか決められません!
御在所ロープウエイ
辻口シェフの代表作「セラヴィ」(595円/税込)をチョイス。
ホワイトチョコレートのムースに木苺とピスタチオの組み合わせは、一口食べれば至福のひとときに。
御在所ロープウエイ
もう一つ選んだのは、形を崩すのがもったいないくらい色と形がきれいな「利休」(520円/税込)。宇治抹茶のほどよい苦みとあんこの甘みのバランスが絶妙でした。

アクアイグニスの詳しい取材レポートはこちら!

【アクアイグニス】
住所 三重郡菰野町菰野4800-1 
電話番号 059-394-7733
公式URL  https://aquaignis.jp
営業時間 〈片岡温泉〉6:00~24:00 ※施設によって異なります。詳しくはHPでご確認ください。
休業日 〈片岡温泉〉年中無休 ※施設によって異なります。
料金 大人(中学生以上)600円、子ども(3歳以上〜小学生)300円
アクセス 東名阪自動車道「四日市」ICより約15分
御在所ロープウエイ
「アクアイグニス」から車で約10分、最後に訪れたのは、老舗の和菓子屋さん「岩嶋屋」。
飾らない店構えに親しみを感じます。
御在所ロープウエイ
創業は明治24年。昔ながらの味を守り続けながら、丁寧につくりあげられた商品が所狭しと並んでいます。
御在所ロープウエイ
お店の看板商品、「うすかわまんじゅう」(119円/税込)。
創業当時から変わらぬ手法でつくられていて、お酒の香りがする生地の中には自家製の粒あんがたっぷり!

この市町のレポート

  • MIE CAFE HUNTER(ミエカフェハンター)
    いなべ市、菰野町

    MIE CAFE HUNTER(ミエカフェハンター)

    我らMIE CAFE HUNTER(ミエカフェハンター)! 今回は「鈴鹿セブンマウンテン」の麓にあるカフェを攻めるようだ。。!! カフェで美味しく、楽しく、のんびり食事をすれば、雨の日だって心はきっと晴れるはず! MIE CAFE HUNTERと一緒に、「...

    2021.07.01

    detail_855.html
  • 三重・四日市名物「とんてき」が楽しめるお店8選|とんてきの定義も紹介
    四日市市、菰野町、朝日町、、

    三重・四日市名物「とんてき」が楽しめるお店8選|とんてきの定義も紹介

    四日市のソウルフードと呼ばれる「とんてき」は四日市だけでなく、三重県各地のお店でも提供されるようになりました。この記事では四日市市内・市外のおすすめ店舗8店と、とんてき料理の定義をご紹介します。

    2021.06.25

    detail_860.html
  • 御朱印
    菰野町

    雨の日でも楽しく参拝出来る「芸術のお寺」湯の山観音精舎。お寺の魅力と菰野町周辺のスポットをご紹介します!

    精舎(しょうじゃ)って何?芸術のお寺?どうして雨でも楽しめるの?そんな疑問にお答えしつつ、今回は、湯の山にある観音精舎の魅力に迫ります。そして菰野町周辺スポットもご紹介しますのでぜひ最後まで閲覧お願いしま〜す!

    2021.06.01

    detail_873.html