亀山市「川森食堂」でご当地グルメの王様の真髄を知る!コスパ最高の洋食屋「コ・ビアン」でまんぷくに♪

亀山のご当地グルメで人気の「亀山みそ焼きうどん」。その本来の食べ方ってご存知ですか?意外と知らないその伝統の食べ方を、関宿にある大衆食堂「川森食堂」で教えていただきました! そして、旧街道沿いにあるレトロな洋食屋さん「コ・ビアン」。お値打ち価格でお腹いっぱい食べられるメニューがそろうお店です。一体どれだけコスパが良いのか気になります! 2店の自慢の味を堪能しに行きましょう♪ 亀山市

亀山みそ焼きうどん
今回は、亀山市にある大衆食堂「川森食堂」で、ご当地グルメ「亀山みそ焼きうどん」を食べ、洋食屋「コ・ビアン」でおいしい定食をお腹いっぱい楽しみたいと思います!
早速「川森食堂」を探して車を走らせていると、「お!これは」と現れたのは、大きな文字ではっきりと店名がわかる建物でした。
亀山みそ焼きうどん
店内に入ると、ゆったりとしたスペースが広がっています。座敷席もあり、足を伸ばしながら食事をすることもできます。
亀山みそ焼きうどん
「食堂」というお店のイメージ通り、手づくりの1品料理が用意されています。「ほうれん草玉子焼き」が250円/税込、「塩サバ」が350円(税込)、「サバの煮付け」が350円(税込)と価格が安く、ついつい何皿も手が出てしまいそう。冬季限定メニューとして「おでん」もあります!
亀山みそ焼きうどん
さて、ここで今日の目的である「亀山名物みそ焼きうどん(550円/税込)」をオーダー。
厳選した数種類の国産味噌をブレンドした「秘伝の味噌」を使っているので、奥深い味が口の中をかけ巡りました。その濃厚さが、とてもおいしいです!
ところで、メニュー表を見ていて気になったのは、「亀山焼肉 鉄板みそなべ」という一品。どんな料理だろうとスタッフさんに尋ねてみます。
亀山みそ焼きうどん
「亀山焼肉 鉄板みそなべ」は、亀山で「焼肉」と言われている鉄板焼きを食べた締めに、うどんを入れたもの。それが本来の食べ方なんですね!
ご当地グルメでまちおこしを行ったことをきっかけに「亀山みそ焼きうどん」の方が有名になったのだと教えていただきました。こうして本来のスタイルを聞くと、そちらも是非味わってみたくなる!というわけで、「亀山焼肉 鉄板みそなべ」も注文。
来ました!来ました!タワーのように高く積まれた具材の数々。その迫力に心踊ります♪
ここから順を追って食べ方をご説明します!
亀山みそ焼きうどん
「亀山みそ焼きうどん」には豚バラとキャベツ、野菜が入っているのに対して、「亀山焼肉 鉄板みそなべ」はそれにプラスしてホルモンと数種類の野菜が入っているとのこと。
まずは具材のタワーを崩して、野菜とお肉、それぞれ均一に味噌が絡むようにまんべんなくゆっくりと混ぜます。鍋から落ちないように気をつけて!
亀山みそ焼きうどん
具材を時々かき混ぜながら、しっかりと焼き上げます。上手に焼き色がついたら、香ばしい野菜とお肉のみそ焼きを堪能してください♪
焼き上がり後、そのまま食べていただいても構わないのですが、ご飯と共に食べていただけます。♪ただし、具材を全部食べきってしまわないように!
亀山みそ焼きうどん
具材が少なくなってきたら、ついにうどんの出番!別注文で頼んだうどんを鉄板の中に投入し、具材とうどんを味噌に絡ませて焼いていきます。
亀山みそ焼きうどん
よ〜くかき混ぜて、うどんが焼ければ完成!これが伝統的な亀山みそ焼きうどんなのです!最高の締めですね。つくり方はスタッフさんが丁寧に教えてくれますよ!
そのほか、下地や衣にこだわってつくられている「若鳥の唐揚げ」もサクサク食感が楽しめて人気が高いメニューだそう!そちらも味わってみたいですね〜!
「亀山焼肉 鉄板みそなべ1人前」(850円/税込)、うどんは別売り150円/税込
※写真は2人前です。
亀山みそ焼きうどん
そして、秘伝のお味噌(大720円/税込、小320円/税込)が販売されていたので、お土産に買って帰ることにしました。自宅でも本場「亀山みそ焼きうどん」が食べられるなんてうれしいです♪

【川森食堂】
住所:亀山市関町古厩66-3
TEL:0595-96-1376
営業時間:10:00~21:00(LO 20:30)
定休日:日 ※GW、お盆、年末年始の定休日はお問い合わせください。
アクセス:名阪国道「関」ICより約2分
亀山みそ焼きうどん
続いて向かうのは亀山の旧街道沿いにあるという洋食屋さん「コ・ビアン」。
こちらでは「えっ、このボリュームでこのお値段!?」と驚くほどのお値打ち価格でガッツリ定食がいただけるそう!ウワサを確かめに行ってみましょう!
亀山みそ焼きうどん
「川森食堂」から車で10分ほど走ったところに3階建てのレトロなお店「コ・ビアン」はあります。
レンガ調の壁面に、連子格子の窓枠。洋風の建物でありながら周囲の街道の景観に溶け込むおしゃれな建物です。
亀山みそ焼きうどん
中は木を中心とした、あたたかみのある洋風レストランの様相。シックにまとめられたインテリアがステキで、ここでお茶したらオトナなティータイムを過ごせますね♪
亀山みそ焼きうどん
掃除が行き届き、清潔感にあふれる店内。テーブル席とカウンター席が用意されており、お好きな席を選んで食事することができます。座席数が多く、家族や友だちと集まって訪れやすいのがいいですね!
それではここで、お待ちかねのウワサの定食メニューを注文してみたいと思います!
亀山みそ焼きうどん
人気メニューの「チキンカツ定食」を注文。こちらライスとスープがついて、一体いくらだと思いますか?390円/税別なんです!や、安すぎる…!
パクッとチキンカツをいただいてみると、サクサクの衣の食感と鶏肉の旨味に思わず笑顔ほころぶ♪お箸が進んで、あっという間に全部食べてしまいました。
亀山みそ焼きうどん
驚くのはまだ早い!続いて定番のメニュー「ハンバーグ定食」を注文。牛肉を100%使用した、お店自慢の手ごねハンバーグということで期待が高まります。
すると、運ばれてきたのがこちらのハンバーグ。たっぷりかかった自家製ソースの深みのある香りが、食欲をそそります。
亀山みそ焼きうどん

こちらも同じくライスとスープもセットになって、なんと690円/税別!食べ応え充分のボリュームでこのお値段、びっくりですよね!
そしてそれぞれのセットのスープを飲んで「おっ!」と思ったのですが、実はお味噌汁なんです。洋食なのに、和の味わいも楽しめる。和と洋どちらも楽しみたい方にぴったりですね!

亀山みそ焼きうどん
最後に、デザートの「ケーキセット」を注文しました。
自家製のシフォンケーキに、お好みでプリンやアイスなど組み合わせての2点セットで300円/税別。ドリンク付きは480円/税別となっています。
有機アールグレイティーを使ったふわふわのシフォンケーキ。さっぱりとしていて落ち着く味です♪
ドリンクは厳選した深煎り豆を使用したミル挽きコーヒーをチョイス。深い香りが漂ってきてリラックスできますね〜!ごちそうさまでした!
亀山みそ焼きうどん
レジ横には自家製フォンケーキやオリジナルドレッシングのお土産コーナーがあります。そういえば、定食のサラダにかかっていたドレッシング、あっさりとしていてとってもおいしかったんだよな〜。
おうちでも味わってみたくて、お土産で購入。
亀山みそ焼きうどん
最後に、イケメン若手シェフの櫻井さんと弟さんのお写真を撮らせていただきました!
ご兄弟でお店を切り盛りされていて、お兄さんの櫻井さんは経営と料理、弟さんは料理と月1限定メニューのラーメンを担当されているそう。次はそちらのラーメンもぜひ食べてみたいです!
今日はステキな時間をありがとうございました!

【コ・ビアン】
住所:亀山市野村3-9-2
TEL: 0595-82-0808
営業時間:(平日)11:00〜14:30、17:00〜21:00(土日祝)11:00~21:00
定休日:臨時休業あり
アクセス:東名阪自動車道「亀山」ICより約6分

「川森食堂」さんの「亀山みそ焼うどん」、濃厚な味噌の味がおいしかった〜!
みそ焼きうどんの食べ方について、新たな知識が増えました♪
そして、洋食レストラン「コ・ビアン」さんのリーズナブルな定食の数々!コスパ・味・ボリュームの3拍子そろった名店でした!
どちらもグルメ大好き女子には見逃せないお店です!

※ 2019年3月時点の情報です。料金等の情報が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 天然酵母とパンとおやつ Kumu
    亀山市

    自然&古い町並みを楽しみながら、のんびり過ごす。 わざわざ行きたくなる亀山の穴場カフェ

    鈴鹿山系の豊かな自然に恵まれ、東海道五十三次の宿場町としての面影が今もなお残り、歴史情緒あふれるまち、亀山。 四季折々の草木・花々を満喫できるスポットや歴史ある町並みにばかり注目が集まりますが、スローな時間を楽しめるカフェが点...

    2019.03.28

    detail_482.html
  • 関宿(亀山市)
    亀山市

    古きよき街並み「東海道関宿」で、「見て」「食べて」「体験」できる注目スポットをご紹介!

    東海道五十三次の47番目の宿場町として知られる「関宿」。国の重要伝統的建造物群保存地区でもあり、当時の貴重な建物が数多く残るその景色はまさに圧巻です。今回は、関宿の街並みを楽しみながら「見て」「食べて」「体験」できるスポットをご...

    2019.03.19

    detail_438.html
  • カメヤマキャンドル
    亀山市

    女子力高め! 贈答品から、毎日の癒しアイテムまで、進化する三重のカメヤマ

    カメヤマローソクの直営店「キャンドルハウス」。全国の中でも、東京と三重県亀山市だけに店舗があるんですって! 今回は亀山にある2店舗へ行ってきました。創業以来こだわりのローソクから、グッドデザイン賞に輝いた「好物キャンドル」まで。...

    2018.07.30

    detail_343.html