亀山ハイウェイオアシス店に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

2018年4月7日に全館リニューアル!新たなスタートを切った「亀山ハイウェイオアシス館」。以前からの魅力はそのままに、店内で手作りするスウィーツやパン、人気のグルメも仲間入り。 亀山市

亀山ハイウェイオアシス
2018年4月7日に全館リニューアル!新たなスタートを切った「亀山ハイウェイオアシス館」。

以前からの魅力はそのままに、店内で手作りするスウィーツやパン、人気のグルメも仲間入り。

詳しくご紹介します!
亀山ハイウェイオアシス
店内は広々としていて、明るい雰囲気です。
訪れた人が動きやすいようにと考え、可能な限り壁や柱を無くしたそうです。
フードコートと売店の行き来もしやすく、入り口も複数あって出入りもしやすい造りになっていました。「亀山サンシャインパーク」のすぐ隣りに位置し、一般道・高速道路両方から利用ができる「亀山ハイウェイオアシス館」。

高速道路を利用する人の休息の場であるのはもちろん、公園を利用する人や地元の常連さんが集う憩いの場所として、より喜ばれる空間に生まれ変わっていました。
亀山ハイウェイオアシス
「亀山ハイウェイオアシス店」の中にある八百屋さん「フレッシュフーズ カネヒコ」。

オープン当時から営業しているお店で14年になるそうです。今ではリピーターさんもたくさん居て、常連さんたちには果物が人気。
味の当たり外れが大きく、野菜と比べて単価の高い果物。「フレッシュフーズ カネヒコ」の商品なら美味しい!大丈夫!という信頼が築かれているので、果物がよく売れます。
亀山ハイウェイオアシス
この日は柑橘系がたくさん入荷されていました。名古屋の市場から全国各地の美味しい野菜と果物を仕入れているそうです。
タケノコなど旬の野菜も並んでいて、「春だなー」と、季節を感じられました。
亀山ハイウェイオアシス
新しくオープンした「sweets&bakery pan de BONBON(パン デ ボンボン)」。
こちらでは手作りのスウィーツとパンを販売しています。
スウィーツもパンも店内で焼いているので、焼きたて作りたてが味わえます。
亀山ハイウェイオアシス
イチオシの「亀山シュークリーム」280円。

ザクザク食感の甘くて香ばしいクッキー生地をシュー生地の上に重ねて焼いています。
中には粉から手作りしているとろ~りカスタードクリームとホイップクリームがたっぷり。
出来る限り作りたてを食べてもらえるようにと、タイミングをみて仕上げているそうです。
サイズも大きな「亀山シュークリーム」を食べていると、自然と笑顔になります。幸せな気持ちになれるスウィーツでした。

他にも「パイシュー」180円や「フルーツパイ」150円も並んでいました。
亀山ハイウェイオアシス
パンは15種程揃います。
「亀山ハイウェイオアシス店」オリジナルのメロンパン「カメロンパン」150円は、中がデニッシュ生地。上のクッキー生地も手作りで手間を掛けて作られています。
「塩パン」120円、「カリカリカレーパン」180円なども人気。
他にも「いちごクレープ」、「バナナクレープ」各400円、ソフトクリームの「バニラ」、「伊勢茶」、「ミックス」各300円なども味わえます。親しい人や自宅へのお土産にもピッタリのフルーツ入りのバターも販売していました。「レモンバター」、「りんごバター」、「さつまいもバター」、「桃バター」があり、各540円。
亀山ハイウェイオアシス
こちらはリニューアルした店舗「Steak&Curry SHOP HANABI(はなび)」。
「鉄板ステーキ」と「鉄板ハンバーグ」各980円でライス、サラダ、スープが付くセットです。
「トンテキカレー」、「カツカレー」各880円と「ホルモンカレー」680円はサラダ付き。
ジューという音と煙と一緒に登場する鉄板メニュー、スパイスが香るカレー。どちらも食欲をそそります。
亀山ハイウェイオアシス
売店で売られていた「まんぷくおにぎり」。
とっても大きなおにぎりです。男性のこぶしよりも大きいのでは!?と感じたサイズです。味が3種類あって左から「梅・鮭・昆布」、「明太高菜」、「唐揚げツナマヨネーズ」各220円。

一個で2つ、3つの味が楽しめる、店内製造の手作りおにぎりです。
亀山ハイウェイオアシス
イチオシのお土産「みそ焼きうどん」2食入566円、3食入905円、「みそ焼きうどんのたれ」617円、「極伊勢うどん」2人前594円です。

「みそ焼きうどんのたれ」はフードコートでも、同じものを使っています。少しピリ辛でお肉や野菜との相性ピッタリ!みそ焼きうどんだけでなく、いろいろな料理に応用できます。
亀山ハイウェイオアシス
「三重チーズロールケーキ」1,080円。なが~いケーキは職場や友人宅に持って行って、みんなで食べるのにピッタリです。
亀山ハイウェイオアシス
「みそ焼うどん」単品690円、定食850円。秘密のケンミンショーでも紹介された亀山のご当地グルメです。売店でも販売しているタレは自社製品。数種類の味噌とごまの風味を活かし、ピリ辛に仕上げてあります。
亀山ハイウェイオアシス
発売以来不動の人気No.1メニューが「亀山ラーメン」780円です。
三重にちなんで3つのコンセプトがあります。

1、 オリジナルブレンドの「専用味噌」をベースにした牛骨味噌ラーメンであること。
2、 三重県産小麦「ニシノカオリ」を原料とした麺であること。
3、 具材には三重県産のキノコを用いること。

後味はスッキリでまた食べたいな。と思い出す味です。
亀山ハイウェイオアシス
四日市にある「きみちゃんらーめん」が新たに加わりました。鰹節のダシが効いた豚骨醤油ラーメン。濃厚なのに不思議な程あっさりとした味です。
写真は「きみちゃんらーめん 全部のせ」1,000円。
亀山ハイウェイオアシス
アメリカで最も愛されているフレグランスブランドの「YANKEE CANDLE(ヤンキーキャンドル)」。深く上品な香りが種類豊富に揃います。ジャーの大きさによって価格が変わりS2,160円、M3,780円、L5,400円。
キャンドルの他にもリードディフューザーやフレグランスビーズ、カーフレグランスなど火を使わないフレグランスアイテムも揃います。お気に入りの香りが見つかれば、この後のドライブがさらに楽しくなりますね。

キャンドル389円~、リードディフューザー2,160円~、カーフレグランス:497円~。
問合せ カメヤマキャンドルハウス オアシス店電話 0595-84-0880
亀山ハイウェイオアシス
生産量が少なく、幻と言われる程貴重な国産の「マイヤーレモン」が、世界遺産の熊野古道で栽培されています。
オレンジとレモンをかけ合わせた品種で、普通のレモンより酸味が少なくまろやか。皮の苦みが少なくて香りが良い。皮まで丸ごと食べることができます。
身体に嬉しい様々な効果が期待できますが、生のマイヤーレモンは手に入っても10月初旬~3月初旬のみ。そんなマイヤーレモンを乾燥して作った、チップとパウダーがこちらで購入できます。国産のレモンがない時期にも最適です。

マイヤーレモンチップ35g1,000円、140g2,500円、190g3,500円、400g7,000円。
マイヤーレモンパウダー25g1,000円、70g2,000円、110g3,000円、500g10,000円。
問合せ 株式会社 かいだふーず
電話 080-4306-7877
FAX 0595-97-3175

「亀山ハイウェイオアシス店」では他にも「たこやき 蛸錦」、「うどん そば 定食 一福亭」、「虎屋ういろ」、「SAN珈琲店」、「牛丼すき家」のグルメなどが楽しめますよ。

【基本情報】
住所 亀山氏布気町字高塚801-1
電話番号 0595-84-4114
駐車場 高速道路からの利用 大型 33台・普通車 130台※亀山PAと共有
営業時間 コンビニ・売店 24時間 フードコート9:00~20:00(19:50LO)
休業日 無休
トイレ 施設 内 ※24h使用可、バリアフリー対応トイレ有
EV 充電施設 有

一般道からのアクセスR1より小野町西交差点を「リビングホテル亀山」側へ。「サンシャインパーク西」またはその次の信号で右折

※掲載されている情報は2018年4月時点のものです

この市町のレポート

  • カメヤマキャンドル
    亀山市

    女子力高め! 贈答品から、毎日の癒しアイテムまで、進化する三重のカメヤマ

    カメヤマローソクの直営店「キャンドルハウス」。全国の中でも、東京と三重県亀山市だけに店舗があるんですって! 今回は亀山にある2店舗へ行ってきました。創業以来こだわりのローソクから、グッドデザイン賞に輝いた「好物キャンドル」まで。...

    2018.07.30

    detail_343.html
  • 関宿
    亀山市

    道の駅 関宿に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

    江戸時代の東海道の面影を残す関の町並みに溶け込む「道の駅 関宿」。遠方から訪れる人も多いこちらには地元はもちろん三重県全域のお土産物が揃います。定食「みくら」で味わう評判の地元グルメの味は、自宅へ持ち帰ることもできます。

    2018.03.16

    detail_303.html
  • 名阪関ドライブイン
    亀山市

    名阪 関ドライブインに行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

    伊勢神宮やテーマパークなど三重県の観光地と、中部・関西を結ぶ幹線道路の要関インターにあるドライブイン。松阪牛の素材を活かした料理や三重の名産品が揃います。休息はもちろん、ここに立ち寄ることもお出掛けのお楽しみ!

    2018.03.16

    detail_300.html