道の駅 関宿に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

江戸時代の東海道の面影を残す関の町並みに溶け込む「道の駅 関宿」。遠方から訪れる人も多いこちらには地元はもちろん三重県全域のお土産物が揃います。定食「みくら」で味わう評判の地元グルメの味は、自宅へ持ち帰ることもできます。 亀山市

関宿
江戸時代の東海道の面影を残す関の町並みに溶け込む「道の駅 関宿」。
遠方から訪れる人も多いこちらには地元はもちろん三重県全域のお土産物が揃います。

定食「みくら」で味わう評判の地元グルメの味は、自宅へ持ち帰ることもできますよ!

道の駅「関宿」の魅力を詳しくご紹介します!
関宿
国道1号線沿い、「道の駅関宿」が見えて来ました。
亀山市の中央に位置するこちらは、江戸時代から続く47番目の宿場町。
木造・瓦葺きの和風建築が、関の町並みに溶け込んでいます。
関宿
亀山のご当地グルメ「みそ焼きうどん」単品650円、定食800円。こちらの味噌だれは甘さ控えめのピリ辛でキレがあります。麺とよく絡み野菜や肉との相性も抜群!口の中で味噌のコクが広がり、後引く美味しさです。

偶然近くでみそ焼きうどんを食べていた男性が、「旨いなー、旨いなー」と呟いているのが聞こえました。完食すると「美味しかった。また来るわ」と厨房へ声を掛けて帰って行きました。
関宿
「亀山ラーメン」単品780円、セット900円。「ご当地ラーメングランプリ2013」でグランプリを獲得しています。
オリジナルブレンドの特製味噌と松阪牛の牛骨で取ったダシを合わせスッキリと仕上げたスープで、コクと旨味が存分に楽しめます。
3種類のきのこやキャベツ、人参、ニラ、玉ねぎなど、たくさんの野菜が入っていました。

亀山の麺メニュー、どちらも絶品です!
関宿

四日市名物といえばとんてき。四日市周辺だけでなく、県内の色々なところで見かける人気のグルメです。

グローブ型の大きな豚肉をフォークとナイフで切り分け、たっぷりのたれで絡めていただきます。

豚肉はクセのないさっぱりとした肉質で、脂もさらりとしています。トンテキのたれも美味しくて、このたれがあればキャベツの千切りもいくらでも食べられます。
関宿
「道の駅 関宿」名物「たぬき俵にぎり」2個200円。天かすとねぎを入れだし醤油で味付けして海苔で巻いた、きれいな俵形のおにぎりです。

このおにぎり、天かす、ネギ、海苔と味付けのバランスが絶妙なんです!配合のレシピを教えてもらいたいぐらいです!
関宿
鮮やかな緑色をしたこちらは「亀山茶ソフト」350円。緑茶の粉を加えて作った、オリジナル配合のソフトクリームです。
滑らかな口当たりに次いで、お茶の芳醇な香りが広がります。
「バニラ」と「ミックス」もあります。
「クリームぜんざい」430円にのせるソフトクリームは3種から好きな味を選べます。

他、草だんごが味わえる「いっぷく茶菓子」200円、夏は「冷やしぜんざい」350円、冬は「ぜんざい」400円なども揃います。
また、「コーヒー」、「カフェオレ」、「伊勢の和紅茶」、「亀山茶ラテ」などのドリンクが200円とリーズナブル。喫茶として、ドリンクメニューだけの利用もできます。
関宿
どの料理も本当に美味しくて大満足!「また来ます」と帰って行くお客さんがとても多いです。
「みくら」で使われている「みそ焼きうどん」と「とんてき定食」のたれは、売店で買うことができます。

なかなかお店まで何度も通えない、家族にも食べさせてあげたい。そんな時もたれがあれば美味しく料理ができちゃいます。
関宿
こちらが「みそ焼きうどんのたれ」617円と「トンテキのたれ」463円。
「みそ焼きうどんのたれ」を使って豚バラ肉とキャベツなどを炒めたら回鍋肉のような味に仕上がります。
「トンテキのたれ」は豚肉はもちろん、どんなお肉にもよく合います。いつものお肉がワンランクアップした味わいで楽しめます。
「ベビースターラーメン 亀山ラーメン味」は500円。
関宿
たれも麺も付いてくる「みそ焼きうどん」2食入566円、3食入905円もあります。
関宿
関のお菓子といえば、「関の戸」6個入500円、10個入850円。
赤小豆のこし餡を求肥餅で包み、阿波特産の「和三盆」をまぶした一口大の餅菓子。食べたことがあるという人も多いと思います。
最近では亀山茶をまぶした「お茶の香 関の戸」6個入600円もよく見かけるようになりました。

「関の戸」といえば6個入りの箱の色は「くちなし」が定番ですが、他にも季節によって箱の色が変わる「季節の色箱入り」もあります。他の道の駅や施設で見かけたことが無かったのですが、さすが同じ地域にある「道の駅 関宿」ですね、ありました。

3~5月は「さくら」(写真に写っています)、6~8月は「そら」、9~11月は「いなほ」、12~2月は「こけ」。どれも優しくて落ち着いた色合いです。「関の戸」と「お茶の香 関の戸」が6個ずつ入った詰め合わせ1,100円もありました。
関宿
他にも亀山の銘菓が揃います。

「瑞宝軒(ずいほうけん)」の「亀乃尾」10個入702円、20個入1,426円。
「前田屋製菓」の「志ら玉」2個入り210円。6個入り650円、10個入り1,050円。
関宿
名物「志ら玉」で知られる「前田屋製菓」の「いちご大福」150円。いちごの季節になると毎年並ぶ、季節の定番商品です。
関宿
三重県を代表するご当地グルメ、伊勢うどんのコーナーもありました。おすすめは「極伊勢うどん」二人前・たれ付きで594円。伊勢うどんが好きな人にも、普通な人にも、好きでない人にも、一度食べてほしい、新しい伊勢うどんです。
関宿
「もちもち伊勢うどん」2食入540円もよく売れているそうです。

太くて柔らかい麺をたまり醤油を使用したタレで絡めて味わう伊勢うどん。シンプルにネギだけで、彩りにかまぼこを添えて、玉子を加えてまろやかに…。

お好みの麺とたれを見つけたら、お好みのアレンジも楽しんでください。
関宿
県内各所のお土産物が並びます。

伊勢海老味のせんべいや松阪牛のしぐれ煮、はまぐりやあわびの加工品。海や山の恵みをたっぷり受けている、三重の味を楽しめます。
関宿
関で栽培された梅の実で作った「梅干し」300円~。「梅ジャム」450円もあります。
関宿
地元の野菜や果物も並びます。県外の美味し食材も扱っていて、こちらの「京丹波大黒本しめじ」がおすすめ。旨味と食感がとても良いそうです。焼肉、バーベキュー、すき焼き、しゃぶしゃぶなどの主役食材のひとつに加えてみませんか。
関宿
2階には富永一朗さんのギャラリーがあります。壁に10枚ほど絵が飾られています。


【基本情報】
住所 亀山市関町新所674-8
電話番号 0595-97-8200
駐車場 大型 8台・普通車 50台・障がい者用5台
営業時間 9:00~18:00 レストラン17:30LO
休業日 無休
トイレ 施設外 ※24h使用可、バリアフリー対応トイレ有
EV 充電施設(無)

スタンプラリー(有)
道の駅切符(有)

※掲載されている情報は2018年3月時点のものです
関連スポット
道の駅 関宿

この市町のレポート

  • 東海道関宿(三重県亀山市)
    亀山市

    東海道関宿を散策。江戸の宿場町をたどる観光コースを紹介します

    三重県亀山市の関宿は東海道五十三次の江戸から数えて47番目の宿場町。江戸の風情が今も残る関宿で歴史を学びながらグルメも楽しむ観光モデルコースを紹介します。

    2022.09.29

    detail_252.html
  • 亀山市

    亀山7座「錫杖ヶ岳とは?」駐車場や登山コースを紹介します

    錫杖ヶ岳は亀山市加太向井と津市芸濃町との境界にある山で、山頂は360度パノラマビューの好展望です。加太登山口からの登山道はとても整備されており、登山初心者でも登りやすい山です。この記事では錫杖ヶ岳の駐車場や登山コースを紹介します。

    2022.02.23

    detail_1108.html
  • 石上寺、七色の幟旗
    四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市

    北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    前編に引き続き、三重県内でも七つある七福神霊場(しちふくじんれいじょう)の内の一つ、「伊勢七福神」を巡ります。伊勢七福神とは桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市にある七つの寺院で構成された昭和五十八年に開創された霊場です。今回もた...

    2022.01.14

    detail_980.html