東海道関宿(亀山市)を散策。お茶処も充実の宿場町!駐車場・ガイド・グルメもご紹介!

江戸時代の宿場町「関宿」。東海道五十三次で江戸から数えて47番目にあたり、参勤交代や、お伊勢参りの人々で賑わったこの宿場町は、今も歴史的な建物が立ち並んでいます。古きよき歴史の町「関宿」を散策してみませんか?アクセス・人気スポットやボランティアの街歩きガイドなど、詳しくご紹介します! 亀山市

東海道関宿(三重県亀山市)
「関宿」があるのは三重県北中部に位置する亀山市。
江戸時代に整備された53の宿場、東海道五十三次の江戸から数えて47番目がこの「関宿」です。参勤交代や、お伊勢参りの人々で賑わったこの宿場町は、昭和59年に国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されました。
大切に保存されている歴史的な建物の並ぶ景観は見事です。現在でも宿泊できるようになっているところもあるので、一泊してゆっくりと散策するのもいいかもしれませんね!
何百年も前から続く甘味処やレトロな喫茶店もある、古きよき歴史の町「関宿」を紹介します。
東海道関宿(三重県亀山市)
最寄駅であるJR関西本線の「関」駅からの眺め。のどかな風景が広がります。
昔の人々は、こうして電車を使うこともなく何日も何日も歩いたんですね。江戸から京都までの間におよそ3000の宿(旅籠)があったとも言われています。江戸時代の旅人たちに思いを馳せながら、散策を開始してみましょう。駅から関宿の通りまでは、徒歩でおよそ10分。
東海道関宿(三重県亀山市)
歴史について学びながら町歩きをしたいなら、10名以上で申し込めるボランティアガイドさんの予約がオススメ!

関宿の歴史に詳しい親切なスタッフの方々に、無料で案内をしてもらえます。旅籠玉屋と関まちなみ資料館の共通入場券は1人300円。ボランティアガイドさんが案内した場合や30名以上の団体の場合は250円になります。案内の時間は1〜2時間。

東海道関宿(三重県亀山市)
こちらがボランティアガイドさんとの集合場所の観光駐車場。
車で来た場合はこの駐車場を利用できます。トイレもあるので安心ですね。
いよいよ散策スタートです!
東海道関宿(三重県亀山市)
ガイドさんが何度か説明してくれた、起り屋根(むくりやね)。
よく見てみると、瓦屋根が少しだけカーブしているのです。いつも見かける瓦屋根といえば直線ですよね。あえてこのような形にするのには、随分と手間やお金がかかるのだそう。
この形の屋根は、富豪のしるしなんですね。こんな屋根にできちゃうくらい豊かだぞ、というものらしいです。よく見ないとわからないというあたりにこだわりを感じますね。
東海道関宿(三重県亀山市)
歩き出してわりとすぐのところにある郵便局。
もちろん現在も稼働しているのですが、周囲の景観を損なうことのないように工夫された外装が施されています。赤くないポストなんてとっても珍しいですよね!ガイドさんは、実際にこのポストから手紙を投函してみたこともあるのだそう。
東海道関宿(三重県亀山市)
旅籠玉屋歴史資料館に入ってみましょう。武士が私用でも泊まったり、庶民が利用したりした大旅籠が資料館として保存されています。
急な階段で上の階に登ると、大きな部屋から景色のいい部屋まであるのを見ることができます。使う部屋も、階級で分けられていたのでしょうね。裕福さだけでなく、身分によって生き方や扱われ方の違った当時の暮らしが垣間みえます。

写真にある、座った姿勢の玉屋の主人の足元には、草鞋が何足か置いてあります。とにかく長距離をこれでもかというほど歩いた江戸時代の人々は、行く先々で草鞋を新調したのだそう。「二束三文」という言葉はそこに由来しているとのこと。
東海道関宿(三重県亀山市)
高札場(こうさつば)のレプリカもあります。
インターネットはおろか、電話もなかった当時、決まりごとやおふれはこのような形で人々に知らされたんですね。たとえば賃金についての決まりごとなど、生活に大きく影響する重要なおふれがここに示されていたとのこと。着物姿の人々が札を見上げている様子が思い浮かびます。
東海道関宿(三重県亀山市)
歴史ある町並みを、高い位置から見ることのできる百六里庭(眺関亭)入り口。
東海道関宿(三重県亀山市)
山々と町並みの素晴らしい眺望を楽しめます。
晴天はもちろんのこと、霞もまた町の雰囲気を引き立ててくれるので、天気を選ばず、その眺めを味わうことができます。
東海道関宿(三重県亀山市)
銘菓「関の戸」を伝承する創業370年の深川屋(ふかわや)。
よく見てみてくださいね、「関能戸」と漢字で書かれています。こちらは京都側から訪れた人に向けたもの。
東海道関宿(三重県亀山市)
江戸側から訪れた人々にはこちらの面が見えるようになっています。
「の」の文字が平仮名で「関の戸」。東海道を行き来する旅人たちは、看板を見て平仮名なら上り方面に、漢字なら下り方面に向かっていることを知る目印にもなっていたんですね。この金箔、張り替えてからまだ間もないのだそう。細やかなメンテナンスあっての美しさなんですね。
東海道関宿(三重県亀山市)
こちらが「関の戸」です。楚々として美しい佇まい。
行き来していた大名たちの間で人気となり、伝わった京都の朝廷にも認められ御所御用達となった銘菓。鈴鹿の山に降り積もる雪がモチーフになったともいわれています。由緒があり品のいい和菓子で、お土産にも喜ばれる逸品。
東海道関宿(三重県亀山市)

地元の高校生と深川屋がコラボして作られた新バージョンも。
忍者があしらわれていて目を引くデザインです。色合いもきれい。

深川屋の主人も登場する、関宿の伝統を受け継いできた人々の動画もぜひご覧ください。


東海道関宿(三重県亀山市)
もう少し歩くと、「関まちなみ資料館」があります。
この建物も町家建築のうちのひとつ。中には当時の暮らしを思わせる展示があります。見やすく工夫してある展示だけでなく、建築の間取りそのものや、内装からも江戸時代の庶民の生活をうかがい知ることができます。
東海道関宿(三重県亀山市)
こちらは、「関宿かるた」。地域にちなんだ句を詠みながら遊ぶのはもちろん、一枚一枚の絵の色彩は鮮やかで美しく、眺めているだけでも歴史探訪の気分が高まるような作りになっています。これらの句が書かれた札が貼ってある建物もあるので、通りを散策しながら見つけてみてはいかがでしょうか。
東海道関宿(三重県亀山市)
ふらっと立ち寄った際に、親切にお話をしてれた桶屋のご主人。
現在でも伝統的な手法で桶を作り続けているのだそう。見える形で収納されている数々の専門的な道具をはじめとして、いろいろな形の桶が並んでいます。
東海道関宿(三重県亀山市)
すこし歩き疲れたら、カフェでひと息つきましょうか。
写真は、「紅茶専門の店アールグレイ」の、アイスティーとシフォンケーキのセット。
淹れたての紅茶は香り高く、澄んだ甘味が口の中に広がります。ほんのりとやさしく甘いケーキも美味しい。常連さんらしき人たちもゆっくりとティータイムを楽しむ店内は、洋風でロマンティックな空間。和の雰囲気でいっぱいの通りとのギャップもなかなか素敵です!
東海道関宿(三重県亀山市)
東海道五十三次の47番目の宿場町「関宿」は、歴史深い趣きに満ちた美しき町並み。
地域の人々によって、大切に保存されてきた建造物の立ち並ぶ通りに実際に足を運んでみると、江戸時代の旅人たちがこの場所を好いた気持ちがわかるような気がしてきます。

遠くに望む三重の山々と、美味しい甘味、守られてきた和の空間を五感で味わうリラックス旅をおすすめします!
昔の旅人に思いを重ねて通りを行けば、親切な人々のやさしい笑顔に癒される素敵な時間が待っています。

【アクセス】
JR関西本線「関」駅まで、
 名古屋から約1時間30分(亀山で乗換)
 京都から約1時間30分〜1時間40分(草津、柘植で乗り換え)
「関」駅から関宿まで、徒歩で約10分

【ボランティアガイドの予約(10名以上)】
案内希望日の3ヶ月前〜1週間前までに郵送かFAXで申し込み申し込み
用紙は亀山市のホームページからダウンロード可能
案内時間は約1時間〜2時間
旅籠玉屋と関まちなみ資料館の共通入場料は300円/1人
※ボランティアガイドを依頼した場合と30名以上の団体の場合は250円/1人
関連スポット
東海道関宿
関宿旅籠玉屋歴史資料館
道の駅 関宿

この市町のレポート

  • 天然酵母とパンとおやつ Kumu
    亀山市

    自然&古い町並みを楽しみながら、のんびり過ごす。 わざわざ行きたくなる亀山の穴場カフェ

    鈴鹿山系の豊かな自然に恵まれ、東海道五十三次の宿場町としての面影が今もなお残り、歴史情緒あふれるまち、亀山。 四季折々の草木・花々を満喫できるスポットや歴史ある町並みにばかり注目が集まりますが、スローな時間を楽しめるカフェが点...

    2019.03.28

    detail_482.html
  • 亀山みそ焼きうどん
    亀山市

    亀山市「川森食堂」でご当地グルメの王様の真髄を知る!コスパ最高の洋食屋「コ・ビアン」でまんぷくに♪

    亀山のご当地グルメで人気の「亀山みそ焼きうどん」。その本来の食べ方ってご存知ですか?意外と知らないその伝統の食べ方を、関宿にある大衆食堂「川森食堂」で教えていただきました! そして、旧街道沿いにあるレトロな洋食屋さん「コ・ビア...

    2019.03.28

    detail_481.html
  • 関宿(亀山市)
    亀山市

    古きよき街並み「東海道関宿」で、「見て」「食べて」「体験」できる注目スポットをご紹介!

    東海道五十三次の47番目の宿場町として知られる「関宿」。国の重要伝統的建造物群保存地区でもあり、当時の貴重な建物が数多く残るその景色はまさに圧巻です。今回は、関宿の街並みを楽しみながら「見て」「食べて」「体験」できるスポットをご...

    2019.03.19

    detail_438.html