鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」!三重を代表する梅の名所です♪

鈴鹿市にあるしだれ梅の庭園「鈴鹿の森庭園」へ今年も行ってきました。見事なしだれ梅の名木が約200本あるこの庭園は、日本伝統園芸文化のひとつである「仕立て技術」の存続と普及を目的として、研究栽培を行っています。日本最古と思われる呉服しだれ「天の龍」が見事の咲いており、樹齢は100年以上と推定されています。入った瞬間に声を上げてしまうほどの絶景スポットです。鈴鹿ICから約3km(約5分)と近く、椿大神社と一緒に回られるかたもいらっしゃいます。地図、営業時間なども掲載します。 鈴鹿市

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
鈴鹿市にあるしだれ梅の庭園「鈴鹿の森庭園」へ今年も行ってきました。見事なしだれ梅の名木が約200本あるこの庭園は、日本伝統園芸文化のひとつである「仕立て技術」の存続と普及を目的として、研究栽培を行っています。地図・営業時間はこちらから
鈴鹿の森庭園 しだれ梅まつり
満開の時期に伺いましたが、前日の雨で花びらが地面に落ちていました。ただその量が圧倒的で雪のようでした。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
去年も驚きましたが、入ってすぐの光景に思わず声が出ます。日本最古と思われる呉服しだれ「天の龍」が見事の咲いています。樹齢は100年以上と推定されています。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
見晴らしが良い丘があるのですが、そちらに向かう坂からの1枚。山と梅のコントラストが美しいです。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
こちらが記念撮影をされる方がたくさんいた丘の上からの景色です。掛け値無しに絶景と言えるこの景色、自撮り棒も使いたくなります。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
抜けるような青空ではなく少し霞んでいましたが、それでも十分に梅と鈴鹿の山々を楽しめます。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
こちらは名木「地の龍」で、その後ろも高さ5m以上ある梅の大木が並びます。
鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」
品種が呉服しだれの他、八重寒梅、藤牡丹しだれ、鹿児島紅、珍しいところですと紅白の花が咲く「思いのまま」など多くありますので、長く楽しめます。期間中2回伺いましたが、1週間違うだけで違う景色を見ることができました。
期間:平成28年2月6日(土)~3月31日(木)予定
営業時間:9時~16時
入園料:一般・学生 1,000円 小学生 500円 ※共に税込、団体割引有り

地図:https://goo.gl/maps/fSUe3aga7DR2
住所:三重県鈴鹿市山本町151-2
アクセス:東名阪自動車道 鈴鹿インターチェンジから車で約5分
駐車場:無料 普通乗用車約200台 バス駐車場有り
※お手洗いが少なく、大変混雑することがありますのでお越しいただく際にはSA・PAなどを利用されることをお薦めします

※掲載されている内容は2016年3月の情報となります
関連情報
鈴鹿の森庭園ホームページ
関連スポット
研究栽培農園 鈴鹿の森庭園(赤塚植物園)

この市町のレポート

  • 新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」
    鈴鹿市

    新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」をご紹介します!旅の休憩に、鈴鹿の魅力が詰まったPAに立ち寄ってみてください!新しいマシンでお出迎え!

    3月に2周年を迎える新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」はグルメあり!車両展示あり!おもしろトイレあり!ドッグランあり! SUPER GT マシンに入替しました! ショッピングコーナーやフードコートで大満足☆ 鈴鹿みやげもあります。旅の休憩...

    2021.01.25

    detail_667.html
  • 千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」の 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】
    鈴鹿市

    伊勢型紙は千年以上の歴史を誇る伝統工芸品!本場の鈴鹿市白子へ取材しに行きました♪

    日本が世界に誇る文化、「着物」。 繊細さを極めたこの文化の影の功労者が「伊勢型紙」です。 伊勢型紙で染めた着物は国を越え、時代を超えて、今なお多くの人に愛され続けています。 今日は、そんな伊勢型紙の魅力に触れるべく日本一の伊...

    2020.07.02

    detail_648.html
  • 鈴鹿の鉄板焼き「浪花でおます」
    鈴鹿市

    浪花でおますで“鈴鹿発”お好み焼きを味わう!熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き♪

    鈴鹿市で行列のできる店の一つに数えられる「浪花でおます」。お好み焼き、焼きそばをはじめとする各種の鉄板焼きを楽しむことができます。関西地方が本場とのイメージが強い「粉モノ」をメインに開業して35年余り。今ではすっかり地元に愛され...

    2019.12.09

    detail_576.html