鈴鹿墨書道わぁるどかっぷ

  • 書道
  • 鈴鹿墨(鈴鹿)
  • 鈴鹿墨(鈴鹿)
  • 色墨(雪月風化)
  • 色墨(雪月風化)

書道のコンテスト「鈴鹿墨書道わぁるどかっぷ」を行います。

鈴鹿市の伝統的工芸品「鈴鹿墨」と書道の普及を目的として、書道のコンテスト「鈴鹿墨書道わぁるどかっぷ」を開催します。冬休みやお正月の時期と重なりますので、家族や親戚と楽しみながら是非ご参加ください。

◇応募資格
 国内在住の方

◇出品料
 無料 ※送料はご負担ください

◇部門
 子どもの部(中学生以下)・大人の部(高校生以上)

◇テーマ
 子どもの部:「すずか」「すみ」「鈴鹿」「墨」の中から好き文字を一つ選んで書く。
 一般の部 :令和3年の願い・希望について好きな文字または絵で表現する。

◇紙のサイズ
 子どもの部:半紙
 一般の部 :半紙または半切2分の1以内

◇その他作品の注意点
 ・墨の色、文字の書体、紙質は自由です
 ・作品には姓名と学年を書いてください(学年は学生のみ)
 ・毛筆作品のみで、自作かつ未発表のものとします
 ・作品は1人1点のみで、表装・裏打ちは不要です
 ・作品は返却しません

◇応募期間
 令和2年12月24日(木)~令和3年1月29日(金)

◇応募方法
 作品裏面の右上に「出品票」をクリップで留めて郵送してください。
 【送付先】513-8701三重県鈴鹿市神戸1-18-18
 <団体応募の方>
 ①「一覧表」と「【団体応募用】出品票」を公式URLからダウンロード
 ②作品1点ごとに出品票をクリップで留める
 ③一覧表の記載順に作品を並べて、作品と一覧表を同封して郵送

◇特別審査員
 書家 樋口 鈴峰

◇賞(予定)
 ・MVP賞(賞状・副賞)
 ・鈴鹿市長賞(賞状・副賞)
 ・特別審査員賞(賞状・副賞)
 ・亀游庵賞(褒賞)
 ・鈴鹿墨賞(褒賞)
 ・BESTアイデア賞(褒賞)
 ・BESTカラー賞(褒賞)

◇結果発表
 令和3年2月下旬頃に郵送で通知し、鈴鹿市HPで発表します。

◇展覧会
 ・時期 令和3年3月5日(金)~12日(金)
 ・場所 イオンモール鈴鹿(三重県鈴鹿市庄野羽山4-1-2)
 ・展示 入賞作品

◇白子駅展示
 ・時期 令和3年4月1日(木)~6月30日(水)
 ・場所 近鉄白子駅東口ギャラリー(三重県鈴鹿市白子駅前22-1)
 ・展示 MVP賞の作品

詳細はチラシをご確認ください。
開催期間
2020年12月24日(木)~2021年1月29日(金)
会場
鈴鹿市役所
住所
鈴鹿市
電話番号
059-382-9016(鈴鹿市 地域資源活用課)
公式URL
https://www.city.suzuka.lg.jp/topics/files/4968.html
料金
無料

※ 2020年12月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」
    鈴鹿市

    新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」をご紹介します!旅の休憩に、鈴鹿の魅力が詰まったPAに立ち寄ってみてください!新しいマシンでお出迎え!

    3月に2周年を迎える新名神高速道路鈴鹿PA「PIT SUZUKA」はグルメあり!車両展示あり!おもしろトイレあり!ドッグランあり! SUPER GT マシンに入替しました! ショッピングコーナーやフードコートで大満足☆ 鈴鹿みやげもあります。旅の休憩...

    2021.01.25

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_667.html
  • 千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」の 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】
    鈴鹿市

    伊勢型紙は千年以上の歴史を誇る伝統工芸品!本場の鈴鹿市白子へ取材しに行きました♪

    日本が世界に誇る文化、「着物」。 繊細さを極めたこの文化の影の功労者が「伊勢型紙」です。 伊勢型紙で染めた着物は国を越え、時代を超えて、今なお多くの人に愛され続けています。 今日は、そんな伊勢型紙の魅力に触れるべく日本一の伊...

    2020.07.02

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_648.html
  • 鈴鹿の鉄板焼き「浪花でおます」
    鈴鹿市

    浪花でおますで“鈴鹿発”お好み焼きを味わう!熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き♪

    鈴鹿市で行列のできる店の一つに数えられる「浪花でおます」。お好み焼き、焼きそばをはじめとする各種の鉄板焼きを楽しむことができます。関西地方が本場とのイメージが強い「粉モノ」をメインに開業して35年余り。今ではすっかり地元に愛され...

    2019.12.09

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_576.html