長島温泉「湯あみの島」 男女お風呂の入れ替え

大人気の男女お風呂の入替えが、毎月恒例のおたのしみに

長島温泉 大自然露天風呂「湯あみの島」で、お待ちかねの男女のお風呂の入れ替えを期間限定で実施いたします。年に数回しかないこのチャンスお見逃しなく。
■「黒部峡谷の湯」が女湯、「奥入瀬渓流の湯」が男湯になります。

また、この入替を機会に「なばなの里」や「ゆうえんち」では様々な催しを開催。
もちろん、湯あみの島では毎日、歌謡ショウも開催しています。
アウトレットでお買い物も人気、アンパンマンミュージアムはご家族で・・・
この機会に、ナガシマリゾートを満喫してください。


長島温泉 大自然露天風呂「湯あみの島」は、
大自然の中で天然温泉を満喫できる、日本最大級の日帰り温泉です。

年に数回しかない男女の入れ替えを期間限定で行います。
この機会にお楽しみください。

館内にはタオルやシャンプーなども完備しております
ご安心して手ぶらでお立ち寄りください。





■長島温泉 

<施設名> 長島温泉 大自然露天風呂 「湯あみの島」

<泉質・効能>
アルカリ性単純温泉(緩和性低張高温泉) ph値 8.5ph 
アルカリ性単純泉は肌の角質をとる美肌効果のある「美肌の湯」。単純泉はお子様からシニアの方まで安心して入浴できる刺激が少ない体にやさしい成分の柔らかく気持ちがよいお湯

源泉温度: 約60度(54.7度)  湧出量: 1日1万t(毎分約7,000L) 特徴: 無色透明、無味無臭
効能 慢性関節リウマチ、結合織炎、疲労回復、神経痛、筋肉痛、関効能:節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、冷え性、健康増進、ストレス解消、など

<概要>
約1万坪の敷地を誇る日帰り温泉「長島温泉 湯あみの島」源泉は1日約1万tと豊富に湧く「アルカリ性単純温泉」。穏やかでさらりとした肌触り。うっすら色づくように見える無色透明の湯には湯の華が舞うことも。豊富な湯量で名前の通り贅沢な「湯浴み」を実現。男湯「黒部峡谷の湯」は8種の湯船があり。富山県黒部峡谷をイメージ。女湯「奥入瀬渓流の湯」は9種の湯船で秋田県奥入瀬渓流をイメージ。いずれも、露天エリアは日本各地の山奥や渓谷から運んだ天然の樹木、巨岩が自然美と開放感をたたえています。

富山湾に流れ込む黒部川が後立山連峰と立山連峰との間に最も険しく美しい峡谷を歴史の中で刻みこみ、秘境と呼ばれるにふさわしい日本一の大峡谷「黒部峡谷」。美しい水の流れが千変万化の魅力的な景観を作り出す、東北地方を代表する渓流の名所「奥入瀬渓流」です。

■「奥入瀬渓流の湯」 通常時:女湯
露天エリアは青森県の十和田湖から続く奥入瀬渓流をイメージし、毎分80tの水量を誇る総延長390mの渓流を再現。高台で滝流れを見下ろす「滝見の足湯」。渓谷に迫り出す「渓谷の湯」。眼前の滝流れが注ぐ滝つぼに見立てた「滝つぼの湯」。その上部に「滝上の湯」。天然石を組んだ「流れの湯」。「絹の湯」は白濁微細気泡が肌を包むシルクバス。「いやしのジャグジー」や血行促進や美肌効果の高い「炭酸風呂」など高機能風呂も充実しています。

■「黒部峡谷の湯」  通常時:男湯
露天エリアは富山県の秘境・黒部峡谷を模し、勇壮な景観を再現。なかでも535tの巨岩を据え、岩山の狭間に湧く出で湯のような風情の「大岩の湯」は圧巻。一角が「打たせ湯」となり、山の頂きさながらの開放感に包まれた 「山上の湯」、続いて川のほとりに佇み、天然木の丸太組大屋根が見事な「川見の湯」。自然岩の間を滑り流れる急流をのぞむ「屏風谷の湯」。「いやしのジャグジー」や、約80tの一枚岩の炭酸風呂から望むダイナミックな滝の眺望は人気です。
内湯は、名建築で名高い奈良の法隆寺夢殿をなぞって、木を美しい八角形に組んだ湯屋となる。ここに大きな石張りの湯船と檜造りの湯船が並びます。

<沿革>
1963年 昭和38年  8月  温泉湧出(昭和33年から5年後)
1964年 昭和39年 11月  「グランスパー長島温泉」営業開始           
2002年 平成14年  8月  「湯あみの島」営業開始・リニューアルOPEN
2007年 平成19年  7月  「いやしのジャグジー」新設      
2014年 平成26年  2月  「奥入瀬渓流の湯・炭酸風呂」新設 2/7新設
2015年 平成27年  3月  「黒部峡谷の湯・炭酸風呂」新設 3/20新設



お問合せ先
◇お問い合せ/湯あみの島 0594(45)1111(代)

開催期間
2022年10月1日()~2022年11月30日(水)
会場
長島温泉「湯あみの島」 日本一の大スケール露天風呂が魅力!
住所
〒5111135 桑名市長島町浦安333
電話番号
0594-45-1111(湯あみの島)
公式URL
https://www.nagashima-onsen.co.jp/
料金
※詳しくはホームページをご覧ください。
公共交通機関でのアクセス
JR関西線、近鉄名古屋線「桑名駅」から三重交通バスにて約20分終点「長島温泉」下車
名古屋駅バスセンターより直通バスあり
車でのアクセス
東名阪自動車道「長島IC」から南へ約15分又は、伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」降りてすぐ
駐車場
15,000台 (1000円/乗用車1回1台)

※ 2022年9月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • 石上寺、七色の幟旗
    四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市

    北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    前編に引き続き、三重県内でも七つある七福神霊場(しちふくじんれいじょう)の内の一つ、「伊勢七福神」を巡ります。伊勢七福神とは桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市にある七つの寺院で構成された昭和五十八年に開創された霊場です。今回もた...

    2022.01.14

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_980.html
  • 伊勢七福神の幟旗
    四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市

    北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【前編】

    今回は三重県内でも七つある七福神霊場(しちふくじんれいじょう)。その内の一つである伊勢七福神を巡ってきました。伊勢七福神とは桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市にある七つの寺院で構成された昭和五十八年に開創された霊場です。今回はた...

    2021.11.12

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_979.html
  • 桑名のシンボル「六華苑」は見どころいっぱい!華麗な洋館、重厚な和館、緑豊かな日本庭園…
    桑名市

    桑名のシンボル「六華苑」は見どころいっぱい!華麗な洋館、重厚な和館、緑豊かな日本庭園…

    桑名市有数の観光スポットとして、国内外から年間約5万人が訪れる六華苑は、桑名の実業家だった二代諸戸清六(もろとせいろく)の新居として建てられました。洋館と和館は国の重要文化財に指定されていて、歴史遺産としても貴重な存在となってい...

    2020.01.21

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_591.html