樹氷の御在所岳

  • 樹氷見ながら山上ウォーキング!
  • 手がとどく所に樹氷があります
  • 山上公園が白銀の世界に!

白銀の世界へ・・・自然の芸術「樹氷」「氷瀑」に感動!

鈴鹿山脈の樹氷は海抜1000m以上の山に見られます。早くは11月下旬から遅くは3月中旬まで見られることがあります。一般的に多く見られるのは、1月から2月です。この時期が最も美しく、シベリア大陸の高気圧が張り出し冬型の気圧配置となって寒波が何度か訪れると、冬の花「樹氷」が出来ます。
樹氷は、一般的に多く見られるのは、1月から2月の間ですが、山に登れば常にあるものではなく、また雪が降るくらい寒い日ならあるというものでもなく下記の気象条件が重なって初めて出来る自然の造形物なのです。
◆樹氷が出来るための条件
①湿気があること
②風があること
③気温が0℃以下であること
開催期間
2018年12月1日()~2019年3月31日()
会場
御在所ロープウエイ
住所
〒510-1233 三重郡菰野町湯の山温泉
電話番号
059-392-2275(御在所ロープウエイ  )
公式URL
https://www.gozaisho.co.jp/highlight/seasons/winter/
営業時間
4月~11月 9:00~17:00
12月~3月 9:00~16:00
休業日
不定休(2019年は4月8日(月)~12日(金)、6月20日(木)~7月10日(水)、9月9日(月)~13日(金)、12月10日(火)~19日(木)の各期間、設備工事のため営業を休止いたします。)
※なお、通常営業日におきましても、強風・雷等の悪天候により急遽運転を中止することがありますので、ご了承下さい。
料金
ロープウェイ往復:0才~3才無料
小人(4才~小学生)1220円
大人(中学生以上)2450円
公共交通機関でのアクセス
【電車】近鉄湯の山温泉駅よりバスで約10分。バス停湯の山温泉・御在所ロープウエイ前にて下車すぐ。
【高速バス(名古屋方面のみ)】名鉄バスセンターより三重交通直通バスで約60分。バス停湯の山温泉・御在所ロープウエイ前にて下車すぐ。
車でのアクセス
東名阪道 四日市ICから湯の山方面へ12km約30分
【名古屋方面から】東名阪道 名古屋西ICより約60分
【大阪方面から】名神高速 豊中ICより約120分
【浜松方面から】東名高速 浜松ICより約120分
【飛騨方面から】東海北陸道 飛騨清見ICより180分
駐車場
300台(有料 乗用車:1,000円)
トイレ
6ヶ所(山麓、山上公園駅舎内、観光リフト(かもしか駅)、観光リフト(頂上駅(冬季閉鎖)、ございしょ自然学校前)
※使用可能時間はロープウェー営業時間中に限る。
収容人数
ゴンドラ1台 定員8~10名

※ 2019年9月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

この市町のレポート

  • ナガシマスパーランド
    桑名市、菰野町

    絶叫遊園地やお買い物、その後は大自然をゆったり満喫!アクティブな人にもオススメな北勢よくばりコース!

    国内最大級の遊園地「ナガシマスパーランド」とアウトレットモール「ジャズドリーム長島」でお買い物を楽しむ欲張りなコース!1日目を思いっきり楽しんだら、大自然が広がる天然温泉でゆっくりリラックス♪「答えてラッキー!スマホでみえ得キャ...

    2019.11.07

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_569.html
  • こもガク
    菰野町

    こものを知って、こものを学ぶ。「こもガク」で菰野のものづくりから食まで様々な産業を体験!

    御在所岳のふもとの菰野町。豊かな水と肥沃な大地に育まれ、 農・商・工・観が息づいたこの町は人口が4万人を超えました。高速道路が整備され、4万人分の想いを抱えてこの町は大きく変化しようとしています。 “ほんとうのこもの”を知る人を増...

    2019.09.03

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_552.html
  • スナッグ
    菰野町

    乙女心を射抜くキュートなデザート♪ 思わずおしゃべりも弾んじゃう、雰囲気抜群の菰野カフェ

    英国情緒漂う空間で、こだわりのスイーツが楽しめるお店「CAFE SNUG(カフェ スナッグ)」。オーダーメイドのクッキーやケーキ、そして天然酵母のパンなど、素朴な味わいが楽しめるスイーツやパンの販売も行われています。 そして、木立の中に...

    2019.03.29

    https://kitaise.kankomie.or.jp/report/detail_491.html